2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

Dogs Link

« 旅立ち | トップページ | アルファ、またね »

2011年3月 5日 (土)

アルファと私たち家族にたくさんの温かいメッセージをありがとうございます。

少しお時間は頂くかもしれませんが、頂いたコメントのお返事は

させてくださいね。

決して無理してるんじゃないんです。

アルファの事を想いながら、お返事を書くことはアルファの供養にも

なりますし、私自身とても幸せな時間なんですconfident

わがまま言いますが、どうかよろしくお願いします。

そして、ずっと続けてきたアルファの闘病記。

せっかくここまで頑張ったのだから、最期のアルファの頑張りも

載せておこうと思います。

Dsc_0501

3月2日 朝。

3月に入って何も食べれなくなってました。

唯一飲みたがった水も、口をつけるもののほんの少しです。

日に日に弱ってくアルファを見ているのが辛かった・・・。

お出かけ・お散歩が大好きなアルファ。

せめて外の景色を見せてあげようと、カーテンを開けるのが日課でした。

Dsc_0506

ファーロが自分からこんなふうに寄り添う事もありました。

Dsc_0507

まだ上体は起こせたので、自分で寝返りは打てました。

「あるふぁ、寝相が悪いぞぉ」なんて言ってたけど、

もしかしたら、しんどくて体の置き場がなかったのかもしれない・・・。

Dsc_0508

私が外で洗濯物を干してる時。

「あーるふぁ♪」ってよく手を振ってました。

ジーーーッと見てくれてました。

そしてこの日の夜、初めて吐血しました。

前日の3月1日から全く自力での歩行は出来なくなりました。

完全介護です。何ヶ月でもアルファの面倒を見たかったんだよ・・・。

話が逆戻りしてしまいますが、アルファの歩く姿を最後に見たのは

PAPAでした。

仕事から帰って来て鍵を開けた音にアルファの体が瞬発的に反応

したんです。ムクッと起き上がりスタスタとPAPAを出迎えに行ったのでした。

でも玄関にいるPAPAの顔を見て、その場でへたり込んでしまったみたい。

アルファはPAPAに抱きかかえられ、リビングに戻ってきました。

私はこの時、キッチンで何かをしていて見ていません・・・。

アルファが少しでも口に入れてくれたら・・・とりんごをおろしてたかな。

この日の夜、私たちニンのおかずは照焼きチキンでした。

それをアルファはパクパク食べてくれました。

とてもおいしそうに食べてくれてた♪

決して私たちが食べると褒めてくれるからではなくて、

本当に食べたくて口を開けてくれてた気がします。

3月3日。

アルファは引き続きしんどそうでした。

実は病院の先生が、家でできるアルファの為にしてやれることを

ご提案下さり、3月1日からある事をしていました。

けれど、呼吸は荒いままであまり効いてないような気がしていました。

私に出来たのは、そばにいてあげることだけでした。

そして夕方、アイルークママととーしゃんが来てくれました。

何も食べれなくなった子でもこれなら食べてくれるかもしれない・・・

そんなフードを持って来てくれました。

すぐにふやかしてアルファの口に持っていくけど、食べれませんでした。

そしてもうひとつ持って来てくれたもの。それは「ひるがのの雪」

雪も雪遊びも大好きだったアルファ。雪を口にチョンチョンとしてみると

何と!アルファが自分から口を開きました。

慌てて少しの雪を口に入れてあげます。

でも、それが最後で口を開いてはくれませんでした。

アルファが最期に口にしたもの・・・それは「雪」でした。

そして最期のオシッコをお庭で寝そべったまましました。

おうちの中では絶対しなかったアルファ。

一度だけ、リビングでしてしまった時のアルファの顔を思い出すと

泣けてきます。申し訳なさそうな恥ずかしそうな顔をするんです。

どんどんおうちでしてほしかったんだ・・・。我慢して欲しくなかったんだよ。

勝手だよね・・・ごめんね。

日付が3月4日に変わっていたけれど、眠る気にはなれなかった。

アルファの表情と呼吸がいつもと違ったから。

そして私は何だかとても怖くなりました。

自分の直感が「ヤバイかも」と言っていた。

2階で寝ていたPAPAを起こしに行く。

Dsc_0512

3月4日AM1:00過ぎ

Dsc_0513

自分でも何で写真なんかが撮れたのか分かりません・・・。

ただ、今を逃したら生きてるアルファの写真はもう撮れないような

そんな気がしたからだったかな・・・。

ここから1時間はずっとPAPAと私がそばにいました。

最期は何度も嘔吐し、そのうち吐血に変わり

体が痙攣を起こし始め、そして呼吸困難まで起きてしまった。

ハッ、ハッと浅い呼吸の間隔がだんだん長くなっていく・・・。

私はただただ「アルファありがとね」しか言えなかった。

PAPAも何かを言ってた。

その時のアルファはもう意識がなかったかもしれない。

薄れ行く意識の中で私たちの声は届いてたかな・・・。

3月4日 AM2:09  アルファ永眠

9歳と170日だそうです(PAPAが言ってた)

9歳5ヶ月16日になるのかな。アルファ、またきちんと数えてみるね。

アルファ 本当によく頑張ったよ、ありがとう。

« 旅立ち | トップページ | アルファ、またね »

コメント

月齢を確認してみた。
3/4は月齢29.0歳、3/5は新月で0.3歳でした。
ボンが逝った日は新月で0.1歳でした。
やっぱりALFAも自然の子だったんだよね。
でね、やっぱり日も時間も選んで逝ったんだよ。
凄いよね。

☆ボンチチさん☆
わぁshineボンチチ調べてくれたの?ありがとー!

>やっぱりALFAも自然の子だったんだよね。
うれしい・・・weepなぜか泣けてくるしぃぃ。
うれしいのは、アルファが宇宙ぐらい広くて大きなものに
守られてるみたいでとても安心しちゃう・・・。
そして旅立ったのもきっと導かれたものだと思うと
感謝の気持ちすら沸いてきます。

ボンもアルファも自然と共に生きたんだね。何だかとても神聖だね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旅立ち | トップページ | アルファ、またね »

里親募集

  • 里親募集中
     
    フラットコーテッドレトリーバー
    犬里親募集掲示板

    検索をクリックし「フラット」と
    全角で入力してください

オフ会atディニーズガーデン(2007年11月)

  • PAPAとアルファ②
    アルバムからblogのトップページに戻る場合は 左上のアドレスをクリックして下さいね

バーベキューat新城(2007年7月)

  • 砂スリスリ~
    アルバムからblogのトップページに戻る場合は 左上のアドレスをクリックしてくださいね

alfa(2007年7月)

  • 何見てるの~?
    アルバムからblogのトップページに戻る場合は 左上のアドレスをクリックしてくださいね
無料ブログはココログ