2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

Dogs Link

« アルファ、またね | トップページ | 大震災から1週間 »

2011年3月 7日 (月)

CODA(最終楽章)

ALFAの最後の闘病記になる今回、思い出の写真チョイスはMAMA。
文章は、10-3(とーさん)が書くことになりました。よろしくお願いします。

<始めに>
3月6日 日曜日、無事にALFAを送り出す事ができました。
たくさんご参列していただいた方(ワン達も)には、この場をお借りしまして
あらためてお礼申し上げます。 本当に、ありがとうございました。

尚、今回 かなりの長文になることを 前もって、お伝えしておきます。

何故、長くなるかというと、棺の中に入れたALFA宛ての最後の手紙。
その文面を、以下に記そうと思うからです。
何も出来なかったボクが、最後に思いついたこと。
そして今回、このブログに載せることで 読んでいただいている皆さんに
ALFAという犬格とその軌跡を、少しでも深く 理解していただけたら
一緒に住んでいたものとして、これ以上の幸せはないという
誠に勝手な思いからです。 よろしければ、お付き合いください....

『ALFA君へ』

-出会い(起)-
とうとう、君のCODA(最終楽章)に 立ち会わなければなりません。
命有る者、必ず通る道、いつかは来る事で、誰もが直面する事と
頭では分かっていますが、君と過ごした年月を考えると、なかなか
この数日間の事を理解する事はできません。
相も変わらずな、ダメとーさんで、ごめんね。

ボクの夢は一軒家に住むことでした。それは、どうしても 大きな犬と
一緒に住みたかったからです。そして、21世紀が始まった年
2001年の11月に、2つが同時に叶いました。生後2ヶ月で
豊橋生まれの君が我が家に来てくれました。

君に決めたのはMAMAです。岡崎のIPCで成犬のフラットの写真を見て
その凛々しく賢そうな姿に一目惚れしてしまいました。
実際は、やんちゃ ハイパー 頑固で文句も言う......
でも、言い尽くせないほどの 可愛さ・優しさ・楽しさを
君は運んできてくれました。

20081125_26

そして、君の名前を付けたのはボクです。
ボクの大好きな黒いALFA(車)に、今から来る 黒いALFA(君)を乗せて
ドライブする。 そんなダメとーさんの駄洒落で付けてしまった名前。
でも、今思うとALFAには”ALFA”という名前が、一番あっていたと
自負しています。 それに、ずっと前から大好きだったロックバンド
(LED ZEPPELINって言うんだけど)のお気に入りの一曲が
”BLACK DOG”だったのも、なんとなく 君と出会う運命を
感じさせてくれました。

ブリーダーさんが君に付けてくれた名前は”ディスカバラー(発見者)”でした。
その名の通り、何回・何十回も落ちているボールを草むらから”発見”
してくる天才でした。 でも、本当はボク達に新しい 楽しいこと
うれしいことなどの 素晴らしいことを”発見”させてくれる
天才だったんだなと、改めて感じています。

-君との思い出(承)-
君はフラットの中では”まったり”の部類に入るのでしょう。
でも、しれっと起こした事件は結構あったよ! それすら、今では
懐かしいけどね。思い出を忘れない為にも今から書くね。
(みんなに ばらすなっ!ムムッ かな?)

20090609_139

ハイパーいたずらの代表格 ティッシュ・新聞 引きちぎり。 これはどの子も
やるんだろうけど、君はそれに加え MAMAのお父さんの定年祝い旅行の
航空券も引きちぎったよね。 バラバラ・シワシワを何とかくっつけて
使えたから良かったけど。本当、焦ったよ
忘れてならないのは、MAMAの前の車。後部席のシートベルト切断・ルームミラー
崩壊・オートマシフトの樹脂がなくなってただの金属棒。これで よく下取り車に
なったね。ディーラーさん、頑張ったよね。

自転車タックル勝負では、君の負け。左前の肩甲骨骨折。入院したね。
タックルは、子犬を連れた近所のおばさんにもしたね。 勝負には勝ったけど
その後、菓子折り持って、平謝りだったんだから。
謝ったと言えば、急な猛ダッシュでMAMAのおとうさんを転倒させ、複雑骨折
”気にしないで”って言ってくれたけど、治るの結構かかったんだよ。

あとは、カジカジ。比較的被害は少なかったけど、パジャマのボタンは
無くなっちゃったね。 唯一、家具の被害者”電話台”さんは、今でも
傷跡が癒えていないよ....

ゴックンでは、大好きなクッキーパパの軍手を飲んじゃったね。
リバース出来たから良かったもの、もう少しで切腹だったんだよ。
それから、抗がん剤治療中なのに、玉ちゃんに桃をもらった時
勢い余って種まで飲み込んだよね。 これもリバースできたけど
病院の先生に、ひどく怒られたよ。

それと、お庭での おっしこポジション。 これには、こだわりがあったね。
おかげで客間用エアコン室外機、2・3回しか使っていないのに
動かなくなっちゃったね。

怪我は、多かったね。 前足の爪が膿んで、結局、取っちゃったし。
前足に脂肪種が出来た時も、手術したね。アスファルトの広場で、元気よく
走り回った後には、肉球が擦りむけちゃったしね。
いっぱい 痛い思いをさせて、本当にごめんね。

病気は、小さい頃 少し、消化器系が弱かったから ピーにはよくなって
皮下点滴のヒトコブラクダさんに なっていたよね。
でも、それ以外は ほとんどなかったね。
その分、最後に大きいの もらっちゃったね。

20080219_132

-病魔との闘い(転)-
君がたまにビッコをひいて痛がるのは、年齢から来るもの と言う
お医者さんの言葉を信じきっていました。
ボク達には 知識も経験も無かったので、しばらくすると治るその症状が
後々、そんな大きな事になるとは、思いも寄りませんでした。

かかりつけの先生に”紹介するから詳しく見てもらったほうがいい!”
と言われても、内心は ”そんな事は絶対無い! だって、こんなに
元気だから”と思っていました。 それは、断脚の寸前まで”誤診だ!
間違いだ!4本脚のまま帰ろう!”と思っていました。
でも、顕微鏡の中の紫色のものを見せられて”これが、がん細胞です”
と言われた瞬間、全身から力が抜けました。
どうして、こんな小さなものに負けてしまうのだろう。

でも、そんな小さな敵とも、君は一生懸命戦ってくれていました。
術後、先生から”よくこの状態で走っていられた。いつ骨が折れても
おかしくなかった”と言われました。
マイペースにしか見えない君は、実は とっても頑張り屋さんで
我慢強い子だという事を痛感しました。

そんな君でも、術後の痛みは相当だったんだよね。 
今までに無い 悲しい声 そして 大粒の涙。
今でも忘れられないし、何も出来なくて 本当にごめんね。

でもすぐに君は、奇跡を見せてくれました。数日も経たないうちに 
残った3本で、上手に歩くだけではなく、走ってもくれました。
リードを持つ感じは、何ら変わらない力強さで、本当は励ます立場なのに
逆に、大きなパワーをもらいました。

20090815_35_2

どちらかと言うと、怠け者のボクとMAMAだけど、抗がん剤で病気と闘う
君の健康チェックだけは、マメにできたんじゃないかな と思います。
それは、少しでも長く 元気な君と 一緒にいたかったからだよ。

散歩ワン友の定例行事”日間賀島ツアー”にも行けませんでした。
今でも一番最初に行った時の、君の”白子パックン”事件の話が出ます。
あの時、あんなに ボクは君を怒らなくてもよかったのに...
反省しています。

春の定例行事”お花見BBQ” これに参加できなくても、せめて近くで
お花見したかった。 ボクには、君と桜の印象がとても強く残っています。
まだ、海外出張が多かった頃、出張から帰ってくると
この辺りの桜は終わっちゃったけど
たまたま行った稲武で、満開の下 写真が撮れたね。
去年、MAMAが撮った、満開の下でのファーロとのツーショットの写真。
もちろん”お花見BBQ”で、お友達と撮った写真。 
印象に残る写真の多くには、桜が必ず写っていました。

20080401_9

さすがの 頑張り屋で 我慢強い君も 
今年は 一緒に見れなくなっちゃったね......

-ALFA君へ(結)-
今、どこにいますか? まだ傍にいてくれているのかな? それとも
虹の橋を渡っちゃったかな?
どっちにいても、お家が見えるかな?
君の事が 大好きな ヒト・ワンちゃん いっぱい来てくれたよ。
こんなにたくさんの ヒト・ワンちゃん・お花は、この家始まって以来だよ。
君はお空に行っても、奇跡を見せてくれたね。
そして、このヒト・ワンちゃん達との繋がりと言う
プレゼントもしてくれたんだね。
何も出来なかったボク達なのに、 たくさん たくさん  本当にありがとう。

そんな君だから、お空に行っても、たくさん友達ができるよね。
少し先に お空に行った お友達とは もう会えた?
きっと、痛いのからも解放されて、4つのアンヨで
いっぱい みんなと 走っているよね?

もし、お空の事情が変わっていて、ウマウマにお金が必要だったら
ボクのお母さんに借りててね。 そのうちボクが行った時に返すから。

こっちでは、君がボクの所に来てくれたけど、今度はボク達が
行く事になるね。   もう少しづつ、先だけど....
その頃には、きっと いっぱいの お友達ができて、毎日ルンルンに
なっているよね。
でも、絶対!忘れずに、迎えに来てね!  勝手な約束だけどね。

ダメとーさんだから、君が お空の世界に慣れるより、  もっと  もっと  
君がいなくなったことに慣れるのに 時間がかかると思います。
それは、君がボクにとって
本当に
最高
最愛の
息子だったからです。

20080401_11_2

本当に 今まで ありがとう。
そして またいつか 会えるよね。

                          <ALFAのとーさんより>

長く取りとめの無い乱文に、お付き合いいただきまして 
ありがとうございます。
改めてブログに乗せるにあたり、誤字脱字の修正・表現不足の追加などで
僅かに加筆しましたが、ほとんど原文の写しです。

出棺までの限られた時間で、アルファと過ごした約9年半の事を
色々と思い出すことが出来ました。
今後、アルファと思い出を作る事は叶いませんが
今の段階では、まだ思い出せていないことを
アルファの事を想いながら、思い出せれば
と考えています。
(当然、ファーロとの思い出は作っていきますよ!!...ファーロ忘れてないよ)

201003130314_241_2

約2ヶ月に渡り、緊迫した環境が続いていました。
チョット気分を変えたくて、今のアルファを空想してみました。
(ボンチチ・ハルちゃん、お気を悪くしないで下さい)
注)ボク的に、きっとアルファは自分の事を”オラ”と呼ぶんじゃないかと。

<空想録:虹の橋編>
BON:アレッ?おまえアルファちゃうん?
アル:あっ!BON 久しぶり~
BON:なんで、おまえ、ここおるん?
アル:オラ、わかんない
BON:(ハッ!!)(゚ー゚;
    --以下BON君の独り言--
        アルファに虹の橋塞いどくって言っといたのに
    ウマウマに釣られて、塞ぐの忘れとった....
    だからアルファきてもうたんや....
BON:アッ、アルファ。ごめんボクのせいや
アル:なにが~??
BON:ボク、虹の橋、塞ぐの忘れたからや
アル:いいよ~
BON:なっ、なんで、ええねん?
アル:だって、あしが生えたし、熱も下がったモン
BON:ほんまか~。そやったら、ボクがウマウマのところ、つれてったるわ
アル:ほんと~!ありがとー
BON:じゃー、いくでー、ついてきてなー(ツッタカター、ツッタカター)
アル:うん!(ツッタカター、ツッタカター)
BON:って!!アルファそっち ちゃうでー
アル:ここ、いっぱい、いいにおいがするよー(ツッタカター、ツッタカター)
BON:もーっ!アルファ ウマウマ はよいくでー!!

きっとアルファは、お空のお友達相手に相変わらずのマイペースぶりを
発揮していると思います。

« アルファ、またね | トップページ | 大震災から1週間 »

コメント

ALFAPAPA!
パパとBLACK DOGは出会って一緒に暮らす運命だったんだね!

ママとはまた違う「PAPA立場の辛さ」があったんでしょうね
ママ立場だとどんな時でもそばにいてってなるけど
パパ立場はそうではなく常に外へ出て家族のために働くことを優先しなきゃならないもんね

パパ立場の方たちの大勢が愛犬の旅立ちを見送れないことが多い中、ALFAが逝くその時にパパもママもそばにいてくれてALFAは思いを残すことなく逝けたと思います!まだその時を迎えていない私たちはおーしゃんやらっちゃんやつるちゃんの「その時」に一緒にいられることを願わずにいられません

しばらくはALFAがいない寂しさとの戦いかも知れませんが、ALFAはパパとママとファーロがどんな風に過ごすことを望んでいるかなって思うようにすれば、おのずと楽しい明日がやってくるよ!
ファーロのように食欲200%でいこーーーww

「とーさんの記録」ありがとう。
こんなにアルファってわるわるだったんだぁ~ってコトが
よ~くわかりました。
それに比べたら、BONって「なんていい子♪」だったんだろうって!!エヘへ・・・
まだまだ受け止められない時の波が何度も何度もやってきます。
それを繰り返しながら、さらにさらに『本当に大切な宝物』を確信していくのだと
思います。
泣きたい時は思いっきり泣いて、おばか話しながら「やっぱりあいつアホやったなぁ~」
って笑って、重ねていきましょう。

アルファにお願いしたんですよ~。ボンに「ウマウマに釣られてばっかりいないで、たまには帰ろ!!」って誘ってって!
でもね!きっとアルファはいい子だら、とーさんやMAMAのとこにきちんと帰ってきても
ボンは「俺、正月帰ったから今年はも~ういいいねん!こっちのほうがウマウマいっぱいやし、オモチャ取りほうだいやし。アルファだけ帰ってき~」って。
律儀なアルファとBONの違いは大きいんだろなぁ~って。

アルファ!!!ありがとう♪♪
そしてBONにヨロシク♪ね~。

ALFAのとーさん!
ゴ、ゴメンなさい。。。
お察しの通り・・・美味美味とかオモチャとか友達に釣られてしもて・・・
虹の橋の入口、塞ぐん忘れとったぁ~。。。
ま、それぐらいこっちも楽しいって事やけどね。
でも、アル兄まだこっち来てないよぉ!
僕もそうやったけど、お家の中とかウロウロしとんちゃうかなぁ?

ALFA君が旅立ったこと、たった今、知りました(TT)
病気と闘ってるって知っていたけれど
旅立ってしまうなんて、全然思っていなくて…
もっともっと一緒に遊びたかったです

でも、今は痛みも熱も無く、ツッタカターって走り回れるんだもんねっ
そちらから、下界のフラッティ達を見守っていてねっ

ご冥福をお祈りしています☆

CODA(最終楽章)=ZEPの最終アルバム。
PAPAさんと同世代の私達にはちょっと古いですが、ピンときました。
そして、フラット=Black Dogも。

いずれにしても、ALFA君は幸せだったのは間違いないです。
そして、みんな、ALFAがこよなく好きでした。

ALFA君、回復に向かっているとばかり思っていたので驚きました。
もう一度会って お礼を言いたいことがありました。
昨年、とても辛くてくじけそうだった時
ALFA君の頑張っている姿にとても励まされました。
命をあきらめちゃいけない!と力をもらいました。
ALFA君、本当に本当にありがとう。

ご冥福をお祈りしています。

アカンわぁ!アルファ父ちゃん!
号泣してしまうやん(T_T)
やっぱりアルファはパパとママのところに
来るべきして来た子だったよね(^0^)/

CODA...Zepそうだったんですね...実は私も大好きなんです。Black Dogの収録されてる「Led Zeppelin IV」にはStairway to Heavenも.....。

本当に今、ボンとツッタカツッタカ走り廻ってるでしょうね!
美味しいもの食べて...ボンと一緒だと誤飲が心配ですけど...(笑)
これからもお空から日本中のフラットを見守っていて欲しいです。
アルファはアルファーロ家の子になれて、本当に良かった!!

>おしゃまま さんへ
暖かいアドバイスありがとうございます。
本当にアルファは孝行息子でした。 お空に行ったのも金曜日でした。 きっと
”とーさん、オラの事を理由に、おしごとサボっちゃダメだよ!”とか
”MAMAととーさんダメダメなくらい落ち込むから、みんな来てくれる週末選ぼー”
なんて事を考えていてくれたんじゃないかな?なんて思ってしまいます。
そんなアルファに報いるためにも、1日も早く、アルファが下の世界が気にならないくらい
ノウテンキなアルファーロ家にしていきたいと思います。

>ハルちゃん さんへ
あー見えてアルファ、やる時はやるんです。”塵も積もれば?”で、挙げていくと
結構な数になりました。(まだ思い出せてない事も数々だと思います....)
今は事あることに、MAMAもとーさんも涙腺が緩みますが、きっと、時間が経つと
うれし涙に変わってくれるんじゃないかな?なんて思います。
(ファーロのKYな行動も手伝って.....)

きっとアルファ、お盆には”BON!オラ帰ってくるねっ!”なんていいながらツッタカ
出発してくれるのでしょうが、こっちでクンクン、あっちにフラフラ、で結局
我が家に着く頃にはお正月。 BON君に”アルファ、俺とかわらへんやん!”なんて
ツッコミ入れられるような気がします。
でも、BON君やお友達とお空で楽しく過ごしてくれれば!!
(便りの無いのは、良い知らせ)と思います

>ボン君へ
アルファがお空に着いたら、”ウマウマ・ウホウホのボン・ツアー”よろしくお願いします。
あっ、でもアルファ、マイペースで、すぐにどっかいっちゃうから
まさかの”お空でオン・リード”かも....
そんなアルファだけど、よろしくねっ!

>おらちぇすまま さんへ
残念ながら、病気には勝てませんでした。
でも、闘病中から葬儀まで、本当にたくさんの方とお友達に
応援してもらい、見送って頂きました。 それだけでも、大変幸せだったと思います。
また、このようなお悔やみをいただけることも、お空の世界から喜んでいると思います。

きっと、注意力散漫なアルファ、楽しいお空の世界にいても
下の世界が気になったりして、キョロキョロ見てるんじゃないかと思います。

>カノンパパ さんへ
カノンパパさんやみなさんの暖かいコメントが、何よりアルファの供養になります。
そしてBlack Dogの存在自体が、ボク達を幸せにしてくれているんだということを
当たり前なのに、改めて思います。

今日、通勤途中でi-podから”Thank You”が流れてきました。
今の感情とシンクロしたのか? アルファからのメッセージなのか?
思わず聞き入ってしまいました。 (考えすぎですね.......)

>ハイド母 さんへ
断脚からの回復、それからの闘病。 ハイド母さんと同じく、ボクもアルファから
”あきらめない!最善を尽くす!”を教えられました。
日々、最善を尽くせば アルファのように満足して、幸せに旅立てるのかな?
なんて勝手に思っています。 そうは言ってもダメとーさん、きっとこれからも
黒い子達から、いっぱい力を分けてもらうことになるでしょう。
でも、”それもあり”かなっと思います。

>シリウスママ さんへ
アルファのために号泣ありがとうございます。
ボクも、アルファとのことを思い出しながら”涙”、手紙を書きながら、また”涙”。
さらに、MAMAも、その手紙を読んで、またまた”涙”でした。
いっぱい泣いた涙で、悲しみだけが流れて、思い出だけが残ってくれればいいですね。

どの黒い子も、きっとそのお家に来る運命なのでしょうね。
そして、注いだ愛情以上のものを、いつも返してくれんですよね。
我が家も本当に、アルファとファーロを迎えて良かったという思いと
来てくれたことに感謝しています。

>にーけすまま さんへ
ZEPはドラムのジョン・ボーナムが亡くなり、解散してしまいました(4人編成のバンドでした)
アルファーロ家は3人になっても、心地よい?不協和音を奏でながら迷走し続けます!!
(皆さんには、ご心配・ご迷惑おかけしますが....)

甘えん坊だったアルファ。お空ではボン君達といっぱい遊んでウマウマした後に
ワンとーさんとワンMAMAに甘えてるんじゃないかなと思います。
(誤飲はアルファも経験あるので.....心配です)

悲しいですね。
お心をお察しいたします。
ワンちゃんが亡くなった後、いつも思うのは
ワンちゃんが私たちに与えてくれた喜びに対して、
それに見合った喜びを与えていたのかな~と。
いなくなって存在の大きさを痛切に感じます。

「虹の橋」の詞に

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
〔中略〕
病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

とありますように、ALFAくんも4本足で思いっきり友だちと
走り回っているのでしょうね。

ちょうど今日が私どものクーが亡くなって3年目の命日です。
ファーロくんが寝たきりのALFAくんに寄り添っている写真など見て
ニバンの姿と重なったりして、この2~3日もらい泣きしていました。
よろしければ3年前のクー追悼のブログをご覧ください。
http://kenzo969.at.webry.info/200803/index.html#0323

ファーロくんと共に、一日も早く元気を取り戻されることを
心より願っております。

お返事遅くなり、申し訳有りません。
アルファがお空に行ってから、国内でも大変な状況になり、かなり気が滅入っていました。 ただ、今でも厳しい環境で頑張られている方が大勢いる中
ボクが出来る事など無いに等しいのですが、せめて、上を向いて笑顔でいよう。
それが、アルファや今、頑張っている全ての方への ボクなりのできる事だと考えました。
クーちゃんの追悼ブログ、拝見させて頂きました。
クーちゃんへの想い、クーちゃんの想いは、我が家だけでなく、全てのお家に通じる事だと感じました。そして、3年経ってもお互い変わらず(きっとクーちゃんも)、我が家においても
きっとそうなれる!と、希望を頂けました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルファ、またね | トップページ | 大震災から1週間 »

里親募集

  • 里親募集中
     
    フラットコーテッドレトリーバー
    犬里親募集掲示板

    検索をクリックし「フラット」と
    全角で入力してください

オフ会atディニーズガーデン(2007年11月)

  • PAPAとアルファ②
    アルバムからblogのトップページに戻る場合は 左上のアドレスをクリックして下さいね

バーベキューat新城(2007年7月)

  • 砂スリスリ~
    アルバムからblogのトップページに戻る場合は 左上のアドレスをクリックしてくださいね

alfa(2007年7月)

  • 何見てるの~?
    アルバムからblogのトップページに戻る場合は 左上のアドレスをクリックしてくださいね
無料ブログはココログ