2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

Dogs Link

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

カメラを持って

ペットだって家族confident

避難生活でもペットと一緒にいることが許されたら・・・。

現在、署名を集めています!

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、

愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』

(↑クリックしてください)

署名の期限 4月30日消印有効(NaturalDogStyle松本クンのブログより)

ご賛同頂けましたら、署名のご協力をどうかよろしくお願い致します。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

まずはじめに、アルファの旅立ちの時にはたくさんのお悔やみの
コメントをいただきまして本当にありがとうございました。
おひとりおひとりにお返事させて頂きたくてお時間を頂いてしまいましたが、

ようやくお返事をさせていただきました。
大したことは書けてないですが、お時間ある方はよかったら読んでやって下さい。

これを機に通常ブログに戻していきたいと思っていますので
これからもアルファロ家をどうぞよろしくお願い致します。      ALFAMAMA

では、本日3月29日のブログです♪

アルファとお別れしてからカメラからも離れていたけれど

3月6日ぶりにカメラを持ってみました。

Dsc_0625

ファーロ元気ですっ!

Dsc_0622

一生懸命@ファーロ

本犬は一生懸命だけど、立ち姿だけで私を笑わせてくれる

実力はなかなかのものsmile

アルファはしない動きやポーズが撮れて結構笑える♪

Dsc_0628

この後、ナイスキャッチ!!でした。

Dsc_0640

勢い余ってタイミング間違える事も多々アリマスbleah

Dsc_0641

エヘヘ♪ドンマイ ドンマイ!

Dsc_0636

どんなに寒い冬が続いても春はやって来る。

卓球の福原愛ちゃんが支援物資を入れたダンボールに書いていた

メッセージが素敵だと思いました。

『一歩ずつ前へ』

ゆっくりでもいい。辛くて悲しい思いをしている被災者の方たちが

一歩ずつ前へ進める日が来ますように。

そして被災地の復興もみんなで力を合わせて一歩ずつ前へ。

2011年3月21日 (月)

署名活動にご協力お願いします

ペットだって家族confident

避難生活でもペットと一緒にいることが許されたら・・・。

現在、署名を集めています!

『災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、

愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名』

(↑クリックしてください)

署名の期限 4月30日消印有効(NaturalDogStyle松本クンのブログより)

ご賛同頂けましたら、署名のご協力をどうかよろしくお願い致します。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

もしも私が被災していたら。

地震で家が壊れてしまって、避難所生活をせざるを得なくなったら。

私は入れてもらえるだろうけど、大型犬のファーロはきっと無理だよね。

そんな時私はどうするだろう。

『ファーロと離れるなんて考えられない。避難所には入らない』と

被災体験のない今の私なら言えるけど・・・。

でも今回の震災はあまりにも被害が大きすぎます。

大切な家族だけど・・・生きていくために心が潰されそうになりながら

小さな家族と別れを選んだ人もいたかもしれない。

一時的に預かり先を見つけてあげることができたかもしれないけど

避難生活、仮設住宅・・・一体いつになったら一緒に暮らせるのだろう。

あまりにもあまりにも辛すぎます・・・。

人もペットもみんなの不安やストレスを少しでも減らしてあげたい。

ご賛同頂けましたら、どうかひとりでも多くのご協力をお願いします。

2011年3月20日 (日)

想う

日本はとても大変な時だけど

ニュースを見て胸が痛くなる自分がいるけれど

そんな時でも、やっぱり私はずっとアルファを想ってる。

心の中はアルファでいっぱい。

20090217_8

いなくなった悲しみよりも寂しさのが大きくて・・・

アルファ 会いたいなぁ・・・

でも、毎日元気に過ごしてます。

元気に笑って過ごせる事がどんなに幸せなことか。

アルファを想って涙しても、ファーロの前では笑顔でいれる。

ニュースを見て胸は痛くなるけれど、私まで落ち込んでちゃダメだよね。

被災された方たちは、すでに必死に前に進んでいるんだから。

そう思って、日々元気に過ごしてます。

皆さんも元気にがんばりましょう!元気がイチバンです。・・・ねっwink

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

いただいているコメントのお返事がストップしていてゴメンナサイ。
一気にお返事はできませんが、そろそろ少しずつお返事させていただきますね。
その間しばらくは新しく更新した記事のコメント欄は閉じさせていただきます。
すみませんが、よろしくお願い致します。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
                             

2011年3月18日 (金)

大震災から1週間

東北関東大震災から1週間が経ちました。

被災された方々へ心からお見舞い申し上げます。

そして、お亡くなりになられた方々へ心からご冥福をお祈りいたします。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:

同じ日本に住んでいるのに、ここ愛知県は何の不自由もなく

生活する事ができています。

今日、スーパーに買い物に行きました。店の入口には貼紙があり

『節電にご協力ください』と書いてありました。

店内はコーナーごとに電気が消えていました。

生鮮コーナーは明るいけど、麺類・お豆腐・デザートコーナーは電気を

消して。良いことだと思いました。

こんな状況なので当たり前なんでしょうけどね。

ひとりひとり・・・みんなができることをすればいいと思います。

私にできることは、節電すること。それから義援金の寄付。

とりあえず日本赤十字に寄付させていただきました。

まだまだ時間はかかるはず。

長期的な支援が必要になるはず。

助け合いの精神で、思いやりの心を忘れずに・・・。

義援金、続けていこうと思ってます。

参考: 募金情報まとめサイト  

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

それから・・・フラット仲間のみなさまー!

フラット馬鹿な私としてはこの企画は絶対参加です!

『We Love とうほぐふらってぃーず』

被災地のフラット&フラット飼いさん達を応援しよう!

詳しくはAshiya-dog-walkのHPへ・・・・・・←クリックしてください

時間はかかるかもしれない。でも、きっと復興できる、そう信じてます。

被災された皆さまが、1日も早く心休まる日が訪れますように・・・。

2011年3月 7日 (月)

CODA(最終楽章)

ALFAの最後の闘病記になる今回、思い出の写真チョイスはMAMA。
文章は、10-3(とーさん)が書くことになりました。よろしくお願いします。

<始めに>
3月6日 日曜日、無事にALFAを送り出す事ができました。
たくさんご参列していただいた方(ワン達も)には、この場をお借りしまして
あらためてお礼申し上げます。 本当に、ありがとうございました。

尚、今回 かなりの長文になることを 前もって、お伝えしておきます。

何故、長くなるかというと、棺の中に入れたALFA宛ての最後の手紙。
その文面を、以下に記そうと思うからです。
何も出来なかったボクが、最後に思いついたこと。
そして今回、このブログに載せることで 読んでいただいている皆さんに
ALFAという犬格とその軌跡を、少しでも深く 理解していただけたら
一緒に住んでいたものとして、これ以上の幸せはないという
誠に勝手な思いからです。 よろしければ、お付き合いください....

『ALFA君へ』

-出会い(起)-
とうとう、君のCODA(最終楽章)に 立ち会わなければなりません。
命有る者、必ず通る道、いつかは来る事で、誰もが直面する事と
頭では分かっていますが、君と過ごした年月を考えると、なかなか
この数日間の事を理解する事はできません。
相も変わらずな、ダメとーさんで、ごめんね。

ボクの夢は一軒家に住むことでした。それは、どうしても 大きな犬と
一緒に住みたかったからです。そして、21世紀が始まった年
2001年の11月に、2つが同時に叶いました。生後2ヶ月で
豊橋生まれの君が我が家に来てくれました。

君に決めたのはMAMAです。岡崎のIPCで成犬のフラットの写真を見て
その凛々しく賢そうな姿に一目惚れしてしまいました。
実際は、やんちゃ ハイパー 頑固で文句も言う......
でも、言い尽くせないほどの 可愛さ・優しさ・楽しさを
君は運んできてくれました。

20081125_26

そして、君の名前を付けたのはボクです。
ボクの大好きな黒いALFA(車)に、今から来る 黒いALFA(君)を乗せて
ドライブする。 そんなダメとーさんの駄洒落で付けてしまった名前。
でも、今思うとALFAには”ALFA”という名前が、一番あっていたと
自負しています。 それに、ずっと前から大好きだったロックバンド
(LED ZEPPELINって言うんだけど)のお気に入りの一曲が
”BLACK DOG”だったのも、なんとなく 君と出会う運命を
感じさせてくれました。

ブリーダーさんが君に付けてくれた名前は”ディスカバラー(発見者)”でした。
その名の通り、何回・何十回も落ちているボールを草むらから”発見”
してくる天才でした。 でも、本当はボク達に新しい 楽しいこと
うれしいことなどの 素晴らしいことを”発見”させてくれる
天才だったんだなと、改めて感じています。

-君との思い出(承)-
君はフラットの中では”まったり”の部類に入るのでしょう。
でも、しれっと起こした事件は結構あったよ! それすら、今では
懐かしいけどね。思い出を忘れない為にも今から書くね。
(みんなに ばらすなっ!ムムッ かな?)

20090609_139

ハイパーいたずらの代表格 ティッシュ・新聞 引きちぎり。 これはどの子も
やるんだろうけど、君はそれに加え MAMAのお父さんの定年祝い旅行の
航空券も引きちぎったよね。 バラバラ・シワシワを何とかくっつけて
使えたから良かったけど。本当、焦ったよ
忘れてならないのは、MAMAの前の車。後部席のシートベルト切断・ルームミラー
崩壊・オートマシフトの樹脂がなくなってただの金属棒。これで よく下取り車に
なったね。ディーラーさん、頑張ったよね。

自転車タックル勝負では、君の負け。左前の肩甲骨骨折。入院したね。
タックルは、子犬を連れた近所のおばさんにもしたね。 勝負には勝ったけど
その後、菓子折り持って、平謝りだったんだから。
謝ったと言えば、急な猛ダッシュでMAMAのおとうさんを転倒させ、複雑骨折
”気にしないで”って言ってくれたけど、治るの結構かかったんだよ。

あとは、カジカジ。比較的被害は少なかったけど、パジャマのボタンは
無くなっちゃったね。 唯一、家具の被害者”電話台”さんは、今でも
傷跡が癒えていないよ....

ゴックンでは、大好きなクッキーパパの軍手を飲んじゃったね。
リバース出来たから良かったもの、もう少しで切腹だったんだよ。
それから、抗がん剤治療中なのに、玉ちゃんに桃をもらった時
勢い余って種まで飲み込んだよね。 これもリバースできたけど
病院の先生に、ひどく怒られたよ。

それと、お庭での おっしこポジション。 これには、こだわりがあったね。
おかげで客間用エアコン室外機、2・3回しか使っていないのに
動かなくなっちゃったね。

怪我は、多かったね。 前足の爪が膿んで、結局、取っちゃったし。
前足に脂肪種が出来た時も、手術したね。アスファルトの広場で、元気よく
走り回った後には、肉球が擦りむけちゃったしね。
いっぱい 痛い思いをさせて、本当にごめんね。

病気は、小さい頃 少し、消化器系が弱かったから ピーにはよくなって
皮下点滴のヒトコブラクダさんに なっていたよね。
でも、それ以外は ほとんどなかったね。
その分、最後に大きいの もらっちゃったね。

20080219_132

-病魔との闘い(転)-
君がたまにビッコをひいて痛がるのは、年齢から来るもの と言う
お医者さんの言葉を信じきっていました。
ボク達には 知識も経験も無かったので、しばらくすると治るその症状が
後々、そんな大きな事になるとは、思いも寄りませんでした。

かかりつけの先生に”紹介するから詳しく見てもらったほうがいい!”
と言われても、内心は ”そんな事は絶対無い! だって、こんなに
元気だから”と思っていました。 それは、断脚の寸前まで”誤診だ!
間違いだ!4本脚のまま帰ろう!”と思っていました。
でも、顕微鏡の中の紫色のものを見せられて”これが、がん細胞です”
と言われた瞬間、全身から力が抜けました。
どうして、こんな小さなものに負けてしまうのだろう。

でも、そんな小さな敵とも、君は一生懸命戦ってくれていました。
術後、先生から”よくこの状態で走っていられた。いつ骨が折れても
おかしくなかった”と言われました。
マイペースにしか見えない君は、実は とっても頑張り屋さんで
我慢強い子だという事を痛感しました。

そんな君でも、術後の痛みは相当だったんだよね。 
今までに無い 悲しい声 そして 大粒の涙。
今でも忘れられないし、何も出来なくて 本当にごめんね。

でもすぐに君は、奇跡を見せてくれました。数日も経たないうちに 
残った3本で、上手に歩くだけではなく、走ってもくれました。
リードを持つ感じは、何ら変わらない力強さで、本当は励ます立場なのに
逆に、大きなパワーをもらいました。

20090815_35_2

どちらかと言うと、怠け者のボクとMAMAだけど、抗がん剤で病気と闘う
君の健康チェックだけは、マメにできたんじゃないかな と思います。
それは、少しでも長く 元気な君と 一緒にいたかったからだよ。

散歩ワン友の定例行事”日間賀島ツアー”にも行けませんでした。
今でも一番最初に行った時の、君の”白子パックン”事件の話が出ます。
あの時、あんなに ボクは君を怒らなくてもよかったのに...
反省しています。

春の定例行事”お花見BBQ” これに参加できなくても、せめて近くで
お花見したかった。 ボクには、君と桜の印象がとても強く残っています。
まだ、海外出張が多かった頃、出張から帰ってくると
この辺りの桜は終わっちゃったけど
たまたま行った稲武で、満開の下 写真が撮れたね。
去年、MAMAが撮った、満開の下でのファーロとのツーショットの写真。
もちろん”お花見BBQ”で、お友達と撮った写真。 
印象に残る写真の多くには、桜が必ず写っていました。

20080401_9

さすがの 頑張り屋で 我慢強い君も 
今年は 一緒に見れなくなっちゃったね......

-ALFA君へ(結)-
今、どこにいますか? まだ傍にいてくれているのかな? それとも
虹の橋を渡っちゃったかな?
どっちにいても、お家が見えるかな?
君の事が 大好きな ヒト・ワンちゃん いっぱい来てくれたよ。
こんなにたくさんの ヒト・ワンちゃん・お花は、この家始まって以来だよ。
君はお空に行っても、奇跡を見せてくれたね。
そして、このヒト・ワンちゃん達との繋がりと言う
プレゼントもしてくれたんだね。
何も出来なかったボク達なのに、 たくさん たくさん  本当にありがとう。

そんな君だから、お空に行っても、たくさん友達ができるよね。
少し先に お空に行った お友達とは もう会えた?
きっと、痛いのからも解放されて、4つのアンヨで
いっぱい みんなと 走っているよね?

もし、お空の事情が変わっていて、ウマウマにお金が必要だったら
ボクのお母さんに借りててね。 そのうちボクが行った時に返すから。

こっちでは、君がボクの所に来てくれたけど、今度はボク達が
行く事になるね。   もう少しづつ、先だけど....
その頃には、きっと いっぱいの お友達ができて、毎日ルンルンに
なっているよね。
でも、絶対!忘れずに、迎えに来てね!  勝手な約束だけどね。

ダメとーさんだから、君が お空の世界に慣れるより、  もっと  もっと  
君がいなくなったことに慣れるのに 時間がかかると思います。
それは、君がボクにとって
本当に
最高
最愛の
息子だったからです。

20080401_11_2

本当に 今まで ありがとう。
そして またいつか 会えるよね。

                          <ALFAのとーさんより>

長く取りとめの無い乱文に、お付き合いいただきまして 
ありがとうございます。
改めてブログに乗せるにあたり、誤字脱字の修正・表現不足の追加などで
僅かに加筆しましたが、ほとんど原文の写しです。

出棺までの限られた時間で、アルファと過ごした約9年半の事を
色々と思い出すことが出来ました。
今後、アルファと思い出を作る事は叶いませんが
今の段階では、まだ思い出せていないことを
アルファの事を想いながら、思い出せれば
と考えています。
(当然、ファーロとの思い出は作っていきますよ!!...ファーロ忘れてないよ)

201003130314_241_2

約2ヶ月に渡り、緊迫した環境が続いていました。
チョット気分を変えたくて、今のアルファを空想してみました。
(ボンチチ・ハルちゃん、お気を悪くしないで下さい)
注)ボク的に、きっとアルファは自分の事を”オラ”と呼ぶんじゃないかと。

<空想録:虹の橋編>
BON:アレッ?おまえアルファちゃうん?
アル:あっ!BON 久しぶり~
BON:なんで、おまえ、ここおるん?
アル:オラ、わかんない
BON:(ハッ!!)(゚ー゚;
    --以下BON君の独り言--
        アルファに虹の橋塞いどくって言っといたのに
    ウマウマに釣られて、塞ぐの忘れとった....
    だからアルファきてもうたんや....
BON:アッ、アルファ。ごめんボクのせいや
アル:なにが~??
BON:ボク、虹の橋、塞ぐの忘れたからや
アル:いいよ~
BON:なっ、なんで、ええねん?
アル:だって、あしが生えたし、熱も下がったモン
BON:ほんまか~。そやったら、ボクがウマウマのところ、つれてったるわ
アル:ほんと~!ありがとー
BON:じゃー、いくでー、ついてきてなー(ツッタカター、ツッタカター)
アル:うん!(ツッタカター、ツッタカター)
BON:って!!アルファそっち ちゃうでー
アル:ここ、いっぱい、いいにおいがするよー(ツッタカター、ツッタカター)
BON:もーっ!アルファ ウマウマ はよいくでー!!

きっとアルファは、お空のお友達相手に相変わらずのマイペースぶりを
発揮していると思います。

2011年3月 6日 (日)

アルファ、またね

金曜日に亡くなったアルファ。

日曜日にお見送りをしてあげることにしたので、約2日間リビングで

一緒に過ごす事ができました。

これが夏だったら絶対こうはいかなかった。

これもアルファの親孝行なのかな・・・。

それともアルファが寂しがりやの甘えん坊だからかな・・・。

Dsc_0514

いちばんに来てくれたのは近所のフォルテ。

フォルテが子犬の頃からのお友達。

門をあければ何の抵抗も無く入って来るフォルテが、この日は

ママの後ろに隠れて入ってこなかった。

きっと何かを感じ取ってたんだと思う。

アルファを前にしても決して匂いも嗅がず、見ようともしなかった。

フォルテごめんね。アルファお先にね。

Dsc_0516

ファーロは分かってるのかな・・・。

こんなに悲しい朝でもファーロの食欲は200%。

ファーロらしいよ。

Dsc_0522_2

セラも来てくれた。

Dsc_0523

金曜日の夕方に来てくれたマリーパパだったけど、

ドライアイスを準備してくれて土曜日の朝にも来てくれました。

マリーもありがとうね。

Dsc_0527

この家族にはどれだけ応援してもらい、心の支えになってもらっただろう。

「チーム暖歩・遊歩」のママとパパ。

アルファのテーマカラーの赤いお花がうれしかった。ありがとう。

Dsc_0528

遠いところ、何度もありがとう。

ゆんぼ!今度は遊びにおいで♪待ってるよ。

Dsc_0534

桜を見れなかったアルファのためにと・・・ありがとうweep

Dsc_0538

他にもたくさんアルファにお別れを言いに来て下さいました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

こんなにたくさんのお花をどうもありがとうございましたconfident

土曜日の夜、アルファと一緒に家族みんなリビングで寝ました。

Dsc_0543

3月6日。アルファとお別れの日。

朝からMOMOパパ、カイパパ、カイママが来てくれました。

Dsc_0542

アルファが大好きだった場所。

9年間通った散歩広場。

斎場に行く前に寄りました。散歩ワン友もたくさん来てくれてありがとう。

Dsc_0551_2

もう1回連れてきてあげたかったな。

Dsc_0553

たくさんのお友達が来てくれて、賑やかに送ってあげることができました。

Dsc_0558

最期のツーショット写真なんだってwink

アルファの頭の後ろにあるお手紙は私もPAPAも書きました。

そして闘病中、お友達から頂いた励ましのお手紙もここに

入れさせて頂きました。

Dsc_0561

今頃お空にのぼっているかな。

Dsc_0563_2

お友達代表、バケツ君!!じゃなくてマックスsmile

術後だったのに、来てくれてありがとうね。

ボン家、アージョ家、マリン家、アイルーク家、モコ家

そしていつものお散歩仲間たち。

どうもありがとう!

Dsc_0602

アルファ お帰り。

Dsc_0603

どんなに悲しくても、疲れててもうちにはファーロがいる。

夕方のお散歩は久しぶりに家族みんなで歩いて行きました。

アルファが断脚してからはずーっと車だったもんね。

Dsc_0606

Dsc_0608

私もこれからは歩いて行こう。

これでALFAMAMAの記す、アルファの闘病記は終わりです。

そしてお礼です・・・。

アルファの事をずっと応援、励まし、見守ってくださった皆さん

今までありがとうございました。

アルファのお世話をまだまだしたかったというのが本音だけど

辛い時間が短く、解放してあげれてよかったんだと思いたいです。

お友達がとてもうれしい事を言ってくれました・・・。

私はこれからも「アルファママ」だよってconfident

生前のアルファを可愛がってくださった皆さん、

本当にどうもありがとうございました。

そしてこれからも私たちはアルファーロ家。

PAPAとMAMAとファーロをこれからもどうぞよろしくお願い致します。

2011年3月 5日 (土)

アルファと私たち家族にたくさんの温かいメッセージをありがとうございます。

少しお時間は頂くかもしれませんが、頂いたコメントのお返事は

させてくださいね。

決して無理してるんじゃないんです。

アルファの事を想いながら、お返事を書くことはアルファの供養にも

なりますし、私自身とても幸せな時間なんですconfident

わがまま言いますが、どうかよろしくお願いします。

そして、ずっと続けてきたアルファの闘病記。

せっかくここまで頑張ったのだから、最期のアルファの頑張りも

載せておこうと思います。

Dsc_0501

3月2日 朝。

3月に入って何も食べれなくなってました。

唯一飲みたがった水も、口をつけるもののほんの少しです。

日に日に弱ってくアルファを見ているのが辛かった・・・。

お出かけ・お散歩が大好きなアルファ。

せめて外の景色を見せてあげようと、カーテンを開けるのが日課でした。

Dsc_0506

ファーロが自分からこんなふうに寄り添う事もありました。

Dsc_0507

まだ上体は起こせたので、自分で寝返りは打てました。

「あるふぁ、寝相が悪いぞぉ」なんて言ってたけど、

もしかしたら、しんどくて体の置き場がなかったのかもしれない・・・。

Dsc_0508

私が外で洗濯物を干してる時。

「あーるふぁ♪」ってよく手を振ってました。

ジーーーッと見てくれてました。

そしてこの日の夜、初めて吐血しました。

前日の3月1日から全く自力での歩行は出来なくなりました。

完全介護です。何ヶ月でもアルファの面倒を見たかったんだよ・・・。

話が逆戻りしてしまいますが、アルファの歩く姿を最後に見たのは

PAPAでした。

仕事から帰って来て鍵を開けた音にアルファの体が瞬発的に反応

したんです。ムクッと起き上がりスタスタとPAPAを出迎えに行ったのでした。

でも玄関にいるPAPAの顔を見て、その場でへたり込んでしまったみたい。

アルファはPAPAに抱きかかえられ、リビングに戻ってきました。

私はこの時、キッチンで何かをしていて見ていません・・・。

アルファが少しでも口に入れてくれたら・・・とりんごをおろしてたかな。

この日の夜、私たちニンのおかずは照焼きチキンでした。

それをアルファはパクパク食べてくれました。

とてもおいしそうに食べてくれてた♪

決して私たちが食べると褒めてくれるからではなくて、

本当に食べたくて口を開けてくれてた気がします。

3月3日。

アルファは引き続きしんどそうでした。

実は病院の先生が、家でできるアルファの為にしてやれることを

ご提案下さり、3月1日からある事をしていました。

けれど、呼吸は荒いままであまり効いてないような気がしていました。

私に出来たのは、そばにいてあげることだけでした。

そして夕方、アイルークママととーしゃんが来てくれました。

何も食べれなくなった子でもこれなら食べてくれるかもしれない・・・

そんなフードを持って来てくれました。

すぐにふやかしてアルファの口に持っていくけど、食べれませんでした。

そしてもうひとつ持って来てくれたもの。それは「ひるがのの雪」

雪も雪遊びも大好きだったアルファ。雪を口にチョンチョンとしてみると

何と!アルファが自分から口を開きました。

慌てて少しの雪を口に入れてあげます。

でも、それが最後で口を開いてはくれませんでした。

アルファが最期に口にしたもの・・・それは「雪」でした。

そして最期のオシッコをお庭で寝そべったまましました。

おうちの中では絶対しなかったアルファ。

一度だけ、リビングでしてしまった時のアルファの顔を思い出すと

泣けてきます。申し訳なさそうな恥ずかしそうな顔をするんです。

どんどんおうちでしてほしかったんだ・・・。我慢して欲しくなかったんだよ。

勝手だよね・・・ごめんね。

日付が3月4日に変わっていたけれど、眠る気にはなれなかった。

アルファの表情と呼吸がいつもと違ったから。

そして私は何だかとても怖くなりました。

自分の直感が「ヤバイかも」と言っていた。

2階で寝ていたPAPAを起こしに行く。

Dsc_0512

3月4日AM1:00過ぎ

Dsc_0513

自分でも何で写真なんかが撮れたのか分かりません・・・。

ただ、今を逃したら生きてるアルファの写真はもう撮れないような

そんな気がしたからだったかな・・・。

ここから1時間はずっとPAPAと私がそばにいました。

最期は何度も嘔吐し、そのうち吐血に変わり

体が痙攣を起こし始め、そして呼吸困難まで起きてしまった。

ハッ、ハッと浅い呼吸の間隔がだんだん長くなっていく・・・。

私はただただ「アルファありがとね」しか言えなかった。

PAPAも何かを言ってた。

その時のアルファはもう意識がなかったかもしれない。

薄れ行く意識の中で私たちの声は届いてたかな・・・。

3月4日 AM2:09  アルファ永眠

9歳と170日だそうです(PAPAが言ってた)

9歳5ヶ月16日になるのかな。アルファ、またきちんと数えてみるね。

アルファ 本当によく頑張ったよ、ありがとう。

2011年3月 4日 (金)

旅立ち

3月4日午前2:09分

アルファがお空へと旅立っていきました。

Dsc_0519

甘えん坊でたくさんの方に愛してもらったアルファ。

私たちの自慢の息子でした。

闘病中にはたくさんのお友達から励まして頂き、応援パワーを頂きまして

心から感謝申し上げます。

Dsc_0061

昨年夏撮ったアルファらしい1枚。私の大好きな写真です。

断脚後のガン真っ只中だったけど、こんなにニコニコで

うれしそうに遊んでくれてありがとうね。

日曜日に、市内の動物霊園で最後のお別れをしようと思ってます。

アルファはいつまでも私たちの心の中に・・・。

アルファ、ありがとうね。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

里親募集

  • 里親募集中
     
    フラットコーテッドレトリーバー
    犬里親募集掲示板

    検索をクリックし「フラット」と
    全角で入力してください

オフ会atディニーズガーデン(2007年11月)

  • PAPAとアルファ②
    アルバムからblogのトップページに戻る場合は 左上のアドレスをクリックして下さいね

バーベキューat新城(2007年7月)

  • 砂スリスリ~
    アルバムからblogのトップページに戻る場合は 左上のアドレスをクリックしてくださいね

alfa(2007年7月)

  • 何見てるの~?
    アルバムからblogのトップページに戻る場合は 左上のアドレスをクリックしてくださいね
無料ブログはココログ